このページの本文に進むこのコーナーのメニューに進む当サイトのメインメニューに進む

役立つ情報

オストメイトの災害対策

←前のページへ    |12345|    次のページへ→

災害へ備えるポイント

持出す装具の保管方法

  • 1. 『手持ち用装具』は、非常持出用としてすぐ持ち出すことができる安全な場所に保管する。できれば複数箇所に分散しておくとよい。装具の耐用年数は2年程度と考えて、中身は早めの1年ごとに交換する。
  • 2. 『緊急用装具』は、すぐ身に着けられるような場所に置く。中身は時々交換する。
  • 3. ウロストミー(人工膀胱)の人は、レッグバッグ(下肢装着用蓄尿袋)、ナイト・ドレナージバッグ(夜間用蓄尿袋)も『手持ち用装具』として保管しておく。
  • 4. 自己導尿の人はカテーテルを忘れずに。

緊急連絡用の携帯メモを作る

  • 1. 災害時の緊急連絡用として、携帯メモを要領よくまとめておく。携帯メモには、日常使用している装具の商品名や装具購入先など緊急連絡先の電話番号を記載する。商品名は、商品の箱などに掲載されているメーカーの表示を参考にして記入する。この場合、装具の変更が生じることも考慮して鉛筆書きとするのがよい。
区 分 項 目 記載事項
ストーマの種別・
サイズ
ストーマの種別 コロストミー・イレオストミー・ウロストミーの別
ストーマのサイズ
(単位:mm)
縦 横 高さの測定値
日常使用している
装具の商品名
ツーピースのフランジ(面板)・ストーマ袋
ワンピース
ストーマ用品
メーカー名
製品名
サイズ
注文番号
緊急連絡先 装具購入先 補装具販売店名
電話番号
装具メーカー相談窓口 装具メーカー名
電話番号
市町村の役所 役所名
電話番号
受診している
ストーマ外来
病院名
電話番号
(公社)日本オストミー協会
問合せ窓口
支部名
電話番号
(注)
  1. 使用したことのある商品名も記入しておくと、緊急時の品切れのときに役に立つ。
  2. 装具に変更を生じたときは、記載内容の訂正を忘れずに。
  • 2. 携帯メモは、『手持ち用装具』および『緊急用装具』と一緒にしておく。
  • 3. 装具購入先・市町村役所の電話番号は、携帯電話にも登録しておく。
←前のページへ    |12345|    次のページへ→
公益社団法人日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.